ホーム > 教養 > 自分で作ったものなので、名称はありません。

自分で作ったものなので、名称はありません。

ひと月毎に、食費、雑費、家賃、カード、電気代、交際費に分ける。それぞれ毎日集計できるようにしており、項目ごとに月の収入の何%になっているかが分かるグラフに連動しているので、視覚的にも把握しやすい。雑費は何を購入したのかをコメントに入れている。 家計簿ソフトの購入も考えましたが、結構細かく入力しなければならないものだったので、自分で作ってみることにしました。 レシートをきちんと保管していれば、週単位で入力ができるので、気楽に続けられる。ただ、レシートがもらえない場合は、控えておかなければならないので、そこは面倒だと感じる。今まで何にいくら使ったか分からなかったが、項目ごとに把握することができるので、数か月つけることで自分の生活スタイルが分かった。これは無駄な買い物だった、と反省することが多く、結果的にその反省が自然と節約に繋がっている。同じお金を使うなら、効率的に使おうという意識を持てるようになった。 節約術

関連記事

  1. 自分で作ったものなので、名称はありません。

    ひと月毎に、食費、雑費、家賃、カード、電気代、交際費に分ける。それぞれ毎日集計で...

  2. テスト

    テスト記事です。...